びびびのゲイ夫夫★絵日記

ひとつ屋根の下で暮らす男二人のマンガ絵日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気Blogランキング  | スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金沢観光(裏)ガイド

・・・というのは冗談で、観光ガイドでもなんでもありません。主観と偏見と思い込みで書いてるので、特に金沢出身であるとか、在住の方は見ないほうが良いと思います。

061205-2.jpg

まずは、金沢といえばこれ、兼六園。だいたい12月の雨が降ってるような日に行くような場所じゃないと思うし、地元の人も行った事がないとか言うくらいだから、たいしておもしろい場所ではないと思う。やたらと「観光バスツアー」の団体があちこちにウロウロしていたのだけど、ああいうツアーの趣旨とかテーマっていったいなんだろう??

100歩譲って、海外ツアーだったらまだ言葉の壁だとか、間違ってキケンな場所に足を踏み込んじゃったりとか、色々とあるから、団体ツアーに参加する気持ちもわからないでもない・・・ような気がする、けど国内でそういうツアーに参加して、しかも、金沢といえば兼六園みたいな感じで連れまわされて、それってほんとに面白いんだろうか、とゾロゾロとガイドに連れまわされる団体客を見ながら思ってみました。

兼六園で唯一面白かったもの↓
061205-3.jpg


061205-4.jpg

今回、時間がなかったので、温泉があるような旅館とか、ちょっとリゾートなホテルじゃなくて、片町にあるアパホテルに泊まったのだけど、その近くにあった「五郎八」という居酒屋。

料理はわりとうまい、らしい。地元の人に聞いたら「あれは接待用だ」て事なのらしくて、観光客が来たときに連れていくと喜ばれるお店なのだそうです。

061205-5.jpg


↑ていうのは冗談で、料理はとてもまともだと思います。海鮮自体があまり好きじゃないし、なんかのはらわたとか白子とか見た目がグロい内臓系のものも苦手・・・。刺身とかエビとか普通においしかった。一応予約を入れてから行ったほうがいいみたい。
あと、お値段はちょっとお高めなような気がする。

061205-6.jpg



061205-7.jpg


別にここに限った事ではないのだけれども、家の前に水路があって小さい橋がかかっているような風景がすごく好きなので、好きというかそういうところに住んでみたいとすら思っているので、そういう意味でここはわりと好き、かも。

久谷焼ミュージアムというのが近くにあって、ここは古い日本家屋をそのまま九谷焼の展示販売するお店に改造してある。1階部分しかウロウロできないけど、そういう家が中にはいると、どんな感じなのかっていうのが見られていいかも。

061205-8.jpg


兼六園の隣に金沢城あとがあって、一度失火して天守閣が燃えたあとに、さらにそのあとまた失火?してほんとど現存する建物は残っていない模様。入口の門などが立派なので、「なんだけっこういいじゃん」と思ったのだけど、地元のタクシーの運転手のひとがおすすめしないだけあって、一歩中に入るとほんとに何もなくて、なんだこりゃ?て感じ。観光でいくとこじゃなくて、地元の人の憩いの広場なのかもしれない?

雨がひどくなったので五十間長屋というところに入ってみたのだけど、入場料をとられたわりに、特になにもなく、無意味に広い2階建ての建物のなかの階段を登ったり降りたりするだけだった・・・。特に凝った仕掛けとか演出がなくても、たくさん展示物が置いてあったり、うんちくが書いてあるだけでも時間つぶしになっていいのにスペースがもったいないような・・・。雨宿りにはちょうどいいかも。

ここは復元されたもので、現存する三十間長屋は見られないらしい。中に入れなくてもいいから、どうせなら「ホンモノ」のほうを見せてほしいなと思った。

061205-9.jpg


ここは予約制で毎時間30分刻みで予約がとれる。あんまり期待していなかったのだけど、今回、一番面白かったポイントです。あんまり詳しく書いちゃうとネタバレになっちゃうからやめとくけど、お寺というより、お寺にみせかけた小さなお城、もしくは要塞という感じ。

061205-10.jpg



一応私も子供の頃は普通の?男の子だったわけで、秘密基地とかそういうのが好きだったりもしたわけですが、なんかそういう気持ちがよみがえるというか、「ここに落とし穴を作って・・・ここには秘密の抜け道を作って・・・」とかそういう男の子ちっくなギミックを随所に埋め込んだワクワクする感じがあって楽しかったです。金沢に行ったらここはぜひ行った方がよい気がします。

061205-11.jpg


おまけ。若いこの行き場のないエネルギーというか自己顕示欲とか、ギラギラしてて、お話としてはアリですが、実際にやられると大迷惑っていう感じのものがここでは見られるそうです(特に卒業式シーズン)裸で騎馬戦をする若い男子を見たい!とか言う人はどうぞ。

Blogランキング参加中です。
今日もクリックお願いします♪
人気blogランキングへ

FC2のランキングにも参加中です。こちらももよろしくです♪
FC2 Blog Ranking


関連記事

人気Blogランキング  | 【絵日記】 びびび与太話 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。