びびびのゲイ夫夫★絵日記

ひとつ屋根の下で暮らす男二人のマンガ絵日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気Blogランキング  | スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤドカリのプライド

今日のエントリーのバックナンバーはこちらです→「難儀なヤドカリシリーズ

さて、賃貸の申し込みをして審査でOKが出てから、いろいろと書類をそろえたり、保証人に承諾書を書いてもらったりした後、本契約になるわけだけど、ちょっと予想外な展開に・・・。


070619.jpg

携帯用画像1 携帯用画像2



契約のカタチがどうあれ、二人で住む事には変わりはないわけだし、例え連名契約でなかったとしても何の不都合もない、という事はわかっていた。

まず、連名で賃貸の申込みをしていて、それぞれに連帯保証人をたてているのに、何故、本契約の段階になって、1人が主契約者になって、もう1人が入居人というカタチになるのか?というところが納得いかなかったから、仲介をしている不動産屋に頼んで何度か管理会社のほうと話をしてもらった。


住居用の賃貸の場合、普通は代表者が「借主」になって、その他の人たちは「入居者」になるのだろうし、「借主が二人」というのは。わりとイレギュラーなカタチでの契約で、あまり例がないからやりたがらない、というのもわかる。

たぶん「名を取るか実を取るか」みたいなレベルの話で、契約さえ済んでしまえば忘れてしまうような事かもしれない、だから、「せめて、備考欄にでも名前を入れてくれればいいかな」という気分にもなっていたのだった。


それでも、今回、同居するにあたって、自分にとっての「二人で住む事の意味」は、どちらかの生活の中にもう一方を招き入れるのではなく、それぞれの生活を合体させる、もしくは共存させる事にあって、だから、お互い二人で住む事も可能なスペースがあったのに、わざわざ新しい場所を探したのだ。

それから、曲がりなりにも自分で生計を立てている一人の人間としてのプライドが、人間としてというより「男」としてのプライドが、それを許さないのだった。

そんな下らないプライドなんて「捨てちまえ」とも思うのだけれども、ここで妥協すると「自分の気持ちにウソをついてまで手に入れたものは、本当に価値のあるものなんだろうか?」とか、また面倒くさい事を考えはじめたりしそうだなあ、と思ったのだった。


つづく




名も実も欲しい1クリックお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓
人気Blogランキング


欲張りな1クリックお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓
FC2ブログ★ランキング



関連記事

人気Blogランキング  | 【絵日記】 びびび与太話 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。