びびびのゲイ夫夫★絵日記

ひとつ屋根の下で暮らす男二人のマンガ絵日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気Blogランキング  | スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太陽が憎い

酒とタバコの量が増えて
体調がものすごく悪いです。

モンジロウのこと、
たくさんの方からメールを頂きました。
一緒に悲しんでくれたり、
励ましてくれたり、
ほんとにほんとにありがとうございます。

でも、お返事はまだひとつも出せずにおります。
すみません・・・。


070807.jpg

携帯用画像1 携帯用画像2



最初の3日くらいは、
とにかく時間が長く感じられて、
モンジロウが死んだのが、
はるか遠い昔の事のように感じて不思議だった。

それから、モンジロウの死因について考えた。
解剖しなかったから断定はできないけれども、
十中八九、熱中症だったのでは、と思う。

パグを含めた短吻種は、
特に暑さ+湿気に弱い動物だから、温度管理については
すごく慎重に考えてあげないといけない。

もう3,4年お世話になっているペットシッターさんの事を
信頼しきっていて、今回、温度管理について詳細に指示を
しなかったのが一番の原因と思う。


その日、東京ではかなり気温が高くなっていたのに、
エアコンを消して帰った上に、
なぜか、リビングとダイニングの間の仕切る引き戸をきっちり閉め、
換気扇と間違えて外気を入れる逆換気扇?の
スイッチを入れていったから
熱い外気がガンガン家の中に入っていたのだ。


夜の散歩を「気分転換程度に10分くらいでいいです」
とお願いしていたのだけど、
日誌をみると30分くらい頑張ってくれちゃったみたいで、

モンジロウにしてみたら、
引越しをしたばかりのなれない環境と、
僕やぐーさんのいないストレス、
それに暑さと疲れで、
体調が悪くなっていたのかもしれない。


せめて、もう一本早い飛行機に乗っていれば・・・、とか
「もっと自分が気をつけていてあげれば、
そもそも旅行なんてしなければ、モンジロウは死なずにすんだのに」

という事ばかり考えて、悔やんでも悔やみきれない。


でも、
自分を責めたり
誰かを責めたり
それに、死因について一生懸命考えてみたところで
モンジロウが戻ってくるわけじゃない。

だから、この事について
書くのは今日で最後にしようと思う。


もう、日常のブログにモンジロウが登場する事はないけど、
モンジロウ劇場のほうは最後まで書くつもりなので、
在りし日のモンジロウを感じていただければ、と
思っているのだった。



【今日のひとこと】
さよならのかわりに1クリックお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
人気Blogランキング


【今日のふたこと】
でも、いつも一緒にいる1クリックお願いします
↓ ↓ ↓ ↓
FC2ブログ★ランキング







僕は、人間や動物が死んだらどうなるか知らないし、
そもそも「魂」というものがあるかどうかわからない。

でも、もしあるとすれば、モンジロウは僕の帰りを
待っていたのかもしれないと思った。


家に帰ってきたとき、やけに静かだったから、
急いでモンジロウの様子を見に行って、
倒れたモンジロウを発見した。

何がおこっているのかわからない、というか
頭の中が真っ白になって、
慌ててペットシッターさんに電話をしたのだけど、

電話をしながら死後硬直のはじまっているモンジロウの
カラダを触って、もう会話にならなくなってしまった。


それから、少し落ち着いたころ、
倒れていたモンジロウの近くにあった窓の網戸が
急に「ガタン」と音をたててはずれたのだ。

その時は「???」とびっくりしただけだったけど、
後になってから、
帰ってくるまで待っていたモンジロウが
「もう行くよ」って知らせたかったのかもしれないね・・・
なんてぐーさんと話をしたのだった。


ではでは。

関連記事

人気Blogランキング  | 【4コマ】 2007年-同居編 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。