びびびのゲイ夫夫★絵日記

ひとつ屋根の下で暮らす男二人のマンガ絵日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気Blogランキング  | スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グリーングリーン

080920.jpg


携帯用画像1 携帯用画像2



「グリーングリーン」という歌は、
「パパと僕」というシチュエーションも、
個人的にいいのだけど、悲しい歌詞なのに
朗らかに歌い上げるところが、また、たまらない。

ぐーさんは中学校高の教科書に載っているって言ってたけど、
僕はカラオケでぐーさんが唄っているのをきいて、初めて知った。

年代による違いなのか、僕が中学校をサボってたから
知らないだけなのか・・・。


前は、家呑みしていて、調子が良くなってくると
近所のカラオケ屋に行ったりしていたのだけど、

引越した近所にはカラオケ屋がないので、
ぐーさんの「グリーングリーン」は暫くきいていない。


僕が「パパと僕」というシチュエーションに萌えるのは
別にそういうシチュエーションのポルノに興奮するとか
そういう意味ではなくて、

自分の父親が「男」じゃなかった・・・というか、
理想とする「父親像」とかけはなれていたから、
「憧れ」として追ってしまう「男像」みたいなものがあるのだと思う。


「男」であるということは、
おかしな話だけれども、肉体的な性、もしくは精神的な性別が
「男」であるとか「女」であるとか、ゲイだとかオネエだとか、
そういう事とはあまり関係がないように思っていて、

目に見えることだけじゃなくて、もっと根本的な、
人間としての根っこの部分にある「何か」について
求めている部分がある、というか・・・。

なんだか、上手く説明できないけれども、
そんな事を考えた「グリーングリーン」なのだった。




【今日のひとこと】
悲しいのに楽しげな1クリックをお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
人気Blogランキング


【今日のふたこと】
7番まであるよぉ~な1クリックお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓
FC2ブログ★ランキング





グリーングリーンの歌詞

この人たちのカバーもなんか良い気がする→In the Soup


うたううあのやつは、上手いんだろうなあと
思うのだけど、なんだか笑えてしまう・・・。





関連記事

人気Blogランキング  | 【4コマ】 2007年-同居編 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。